拒食の反動でどこまで太るの?ものすごく太ってしまう人

スポンサーリンク

カレーライス

昨日我が家の夕飯はカレーライスでした。

こうへいたの母(@kouheitanohaha)です。

カレーライスってついおかわりしちゃうメニューですよね!

もう一口だけもう一口だけ…食いしん坊な私は昨日も気づいたら腹いっぱいになるまで食べてしまいましたYO!

今までだったらそのあと

「どうしよう!太っちゃう!吐かなきゃ!!」

になってしまうことが多かったのだけれど、昨日は一瞬そういう気持ちが頭を過ぎりましたが知らぬ間に忘れていました♪

これって完治に一歩近づいてるっていうことでいいのかな?

まだ油断大敵ですが、そうなると嬉しいです!

でもここまでくるの、ホント長かったわ~!!

スポンサーリンク

過食欲求に襲われなくなる日々

カフェでたそがれる赤ちゃん

過食欲求に襲われなくなれば、過食嘔吐なんてする必要ありませんよね。

まだ私には過食欲求というものがほんの少し残っています。

コレは普通の人のストレスが溜まったからヤケ食いしたい!というような欲求とはなんとなく違うと、私は私の体と心の感覚で感じています。

なんだろう?

うまく説明できないけれど、自己抑制のしやすさの違いとかやりきれない落ち着かなさとかかなぁ。

ヤケ食いならある程度食べたら

「あ~、美味しかった。太るのやだからもうやめよ!」

ってなれるところが、過食欲求の場合は

「やめようと思ってたのに止まらない、もっと食べなきゃ!なんでもいいから詰め込みたい!」

という気持ちが半端ない。

 

そんな厄介な過食欲求、ダイエットにも家計にも、美容にも健康にも心にも、下手したら人間関係にも悪影響すぎるし早くやめたいですよね!

普通の量の食事を摂るように心がければ、吐くこと、その他の食べたことをなかったことにするような代償行為をやめればなくなると思っていましたか?

なくなることはなくなります。

けれども「すぐに」っていうわけではないこともあるのですよ。

普通に食べるようにしていたらすぐになくなる人もいるのかもしれませんが、私の場合は昔摂食障害の症状が完全になくなったときも、今現在の状態になれたのも、すぐではありません。

今の状態は過食嘔吐をやめようと誓ってから二年ほどかかりました。

そして昔はそれよりもうちょっと完全に治るまでには時間がかかったのです。

思ったより案外長いでしょ!?

年単位でしたよ、私は。

拒食の反動でどこまで太るの?

ダイエットする豚

反動の過食は、拒食になるまえの体型がとんでもなく太っていない限り、痩せる前の体重くらいまでは戻るかもしれません。

それはその人に合った体型や体質なんかにもよるとは思います。

そしてその後も過食欲求は続くかもしれませんが、普通に食べて生活していろんなことを一生懸命頑張っていれば、普通の量の食事でいい日もでてきます。

過食欲求があったら抑え込まずに、でもそうじゃないときはいろんなことを楽しんでください。

やりたいことをみつけられたなら、それに向かって頑張ってください。

そうこうするうちに普通の量の食事を食べられるようになれば、ある程度まで太っても自然に痩せだします。

もしくはちょっと意識して食べすぎを抑制したりできるようにもなってきます。

私の場合はそんな感じで普通体重までは戻りました。

関連記事摂食障害を治すための体重増加。治ったら痩せるは本当?

普通体重とは?→現実を見よ!普通体重と言われるBMI20前後の体型を晒しちゃうよ!

とんでもなく太ってしまう人

不安そうな可愛い子犬

あなたがだらしない人間だからです。

なんてことはいいません。

拒食の反動でとんでもなく太ってしまう人。

普通の量の食事で我慢できそうなときは、普通の量の食事を心がけていられるようになりましたか?

なにかにどうしようもなく押しつぶされそうになっていませんか?

拒食の反動で太ることが止められない人、食べることが全然抑制できなくなってしまっている人。

うつ状態に近くなっていませんか?

自暴自棄になりすぎていませんか?

 

太ったことにより落ち込んで、自暴自棄になって、どうしようもなく落ち込むことは誰でもあります。

けれどもそれが深いとこまで落ちてしまって、どうでもよくなっちゃってるんじゃないかなとちょっと心配になります。

食べているときだけが嫌なことを考えなくて済む。

食べているときだけは寂しくない。

そんなふうになってしまっているのだとしたら、心配です。

やりたことなんてそんなに簡単に見つけられない。

太ったままで毎日なんて楽しめない。

それすごいわかります。

私もそうでした。

 

でもね。

そこから頑張って一歩踏み出さないと、たぶん食べること以外の楽しいことなんてないのです。

深く悩んでいる人に対して頑張ってなんてあまり言いたくないけれど、でもどんなうつ状態の人でもその場所から一歩踏み出さないと治らないと思うのです。

そしてそこから出られるのは、最終的には自分自身の意志でしかないのです。

きっかけがある人もいます。

誰かや何かによって踏み出せる人もいる。

それが恋愛だったり友達からのエールだったり、ファッションに目覚めたことだったり、過食しながら見ていたテレビに映ったアイドルだったり。

でもそんなきっかけがない人は、自分の力で抜け出すしかないのです。

いつか王子様が!なんて待っていたら、王子様が来る前に馬車に乗れなくなるくらい太ってしまいます。

 

変なたとえになってしまいましたが、太りすぎちゃうまで過食が行過ぎてしまう人というのは、なかなか普通の量の食事に行き着けなくなってしまった人でしかないと思うのです。

そして普通の食事に戻そうと心がけない限り、食べる量はどんどん増えていって、体重もますます増えますよ。

恐ろしいことを言ってしまいましたが、食べる量が増えてしまえばしまうほど、太れば太るほど普通の量の食事に戻すのはきつくなります。

普通の量の食事にはちゃんと戻せます。

だって、拒食や過食が始まる前は普通の量の食事で満足できていたんだもの。

いきなりじゃなくていいんです、ちょっとずつ減らして戻せば。

そして普通の量の食事に戻れば、自分に合った適正な体重にいつか戻ります。

戻らないという人は、もしかしたら焦りすぎなのかもしれません。

私もおなじく焦っちゃうけれど、私みたいに治るのは年単位こともありますよ!

やりたいことを見つけて毎日を楽しむ?

乗り越える象

摂食障害を治すためには

「やりたいことを見つけて毎日を楽しむといい」

みたいなことが書いてあること多いですよね。

そういう風に書いてあるとまるで、夢を持ってそれに向かってイキイキと生きてゆかないといけないんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

でもそれに絶望してしまうような人は、そんなことは考えなくていい。

そんなふうになれない状況や性格の人だっているもの。

 

でも過食や過食嘔吐で辛さや寂しさ、ストレスを解消するのはやめれるように努力してください。

抜け出そうと努力してください。

毎日毎食じゃなくていい。

いきなり逃げ道を断つなんて辛すぎるもの。

普通の量の食事でなんとかイケそうなときは乗り切って、そういう日を増やす努力をしてください。

じゃないとずっと太り続けたり過食嘔吐がエスカレートするばかりです。

それを止めるのは誰の力でもありません。

自分自身の意志です。

その一歩だけは頑張って踏み出してください。

 

もう諦めちゃってるならいいけれど、たぶんそうじゃないですよね。

普通の量の食事で一晩くらい過ごしても死にゃーしません。

ストレスなんてちょっとくらい解消しなくても、いきなり心が死んだりもしません。

むしろそういう人こそ、普通の量の食事で我慢できた日には嬉しくてストレスがちょっと減るかも。

そんなときは無理にでも自分を褒めてあげちゃってください。

自分のことなんて褒められないですか?

だってあなたは絶対に、他人のこと可愛いとか細いとか思ったりしてるでしょ。

そんな賞賛の心、他人になんて持たなくていいじゃないですか。

他人が自分に何してくれますか?

痩せて綺麗な子はあなたを助けてくれた?

そんなことしてるなら、自分をその子に近づけたと思って褒めてあげればいいじゃないですか。

人間思い込みってとても大事だと思うし、思い込みで自分を褒めたところで誰も気づいちゃいないんだから、褒めなきゃ損ですよ。

そうしているうちに少しずつ、いい方向に向ってゆけます。

 

それにね、何年もそういうこと続けていれば、なんかいろいろ起こります。

彼氏ができたり友達できたり、振られたり喧嘩したり、自分に合う仕事が見つかったり。

親が病気になったり、子供が産まれたり、病気になって入院したり、誰かがいなくなったり。

 

やりたいこと、やりがいなんて最初からなくても、そのうち「考えなくちゃいけないこと」「やらねばならぬこと」そういう事態が必ず訪れます。

だから無理にやりがいなんて見つけなくても大丈夫だし、いろいろ考えなくても大丈夫だと思うのです。

ホント、私くらいの年齢になっちゃうといろいろ出てくるから!(41歳)

焦らなくても大丈夫です。

最後にまとめ

ハートマーク

嬉しいことも落ち込むことも、悲しむことも悲しんではいられない事態も、どんどん訪れます。

その間にまた、抑えていた過食や過食嘔吐がぶり返すこともあるけれど、そうしたらまた最初からやり直せばいいんです。

だから今そこで、くすぶってないで踏み出してくださいね。

何年かしたら。

普通の体型に戻れたら。

ちゃんと生きていられたら。

きっとそのうち治ってるはずですよ。

コメント