産後クライシスってなに?いつまで続くの?ということと、うちの現状

スポンサーリンク

産後クライシス

子供が生まれる前に心配していたことのひとつ。

「産後クライシス」というのが気になっていて、出産前にそれとなく旦那さんにそういうのがあるよとは言ってあったのです。

けれどもたぶん、うちの旦那は私の忠告を一切聞く耳持っちゃいない(←こう言っちゃうことがすでに、産後クライシスに侵されてるわw)

一切調べてくれたりもしなかっただろうし

「産後の女性はイライラするの、でもそれはホルモンの関係らしいんだよね!」

と言うことを産前にちゃんと説明しておいてあげたのに、それすら忘れてる、というよりもそれすらたぶんちゃんと聞いてない、と思うw

スポンサーリンク

私の産後クライシス的症状

臭い靴下をつまむ

年頃の娘が

「お父さんの洗濯物と一緒に洗わないで!」

と言う気持ちがすごくわかる。

子供の排泄物が付着した洗濯物は平気なのに、旦那の靴下は親指と人差し指でつまむのですらイヤ!

本当はゴム手袋で掴みたい衝動にすら駆られる。

なぜそうなったのかはわかりません。

足は確かに臭い。

水虫の気があって、水虫の薬を買って塗ってもらっていたけれど、私がいちいち言わないと塗ってくれないのでもう諦めました。

なので、バスマットが先に使えないときは踏んでません(もちろん毎日洗ってます!)

 

産前そろそろ産まれるかなというときに、いちどすごい夫婦喧嘩をした。

旦那の携帯に昔付き合っていた(私はカモられてただけだと思ってる)というフィリピンパブ女の子から電話があって、最初は断っていたのにそのあとこっそり連絡したことが発覚したので。

そして産後実家にいた私と息子に会いに来たときに、もうあきらかにフィリピンパブのお姉ちゃんの香水だろ!というものすごいにおいをプンプンさせて会いに来たことがあって(もうバカとしか言いようがない…)それからかなぁ?気持ち悪いっていうのが始まったのは。

だからこれは旦那が悪いんだよねって思う。

私は悪くない、すべて旦那とホルモンのせいだ!!

と。

そのときのこと→妊娠中に過食嘔吐が止まったときのことと、産後再発した理由

 

「やめてよして触らないで垢がつくから、アンタなんか嫌いよ顔も見たくない♪」

というビビデバビデブーの替え歌さながらに、顔もあまり直視できなくなりました。

でも最近は頑張って見るようにしてる!

目を逸らしすぎるのも一緒に住んでるのに変な気がするので…

なんだか私、すごく頑張ってる!

っていちばん思う瞬間w

「イクメン」ってなに?

パパと散歩

すごく人当たりのいい顔をしている。

育児に関して、お休みの日はずっと寝ていてなんにもしてくれない!という旦那さんとは違っていろいろやってくれている、とは思う。

けれども、イクメンと言われると

「なんか違うだろ~!?」

って叫びたくなる。

 

人当たりのいい顔をして、外では息子を抱っこしていてくれることが多いので

「イクメンそうなパパでいいですね!」

ってすごく言われる。

その度にちゃんと、イクメンって言われてるよ~って教えてあげる。

そうすると、まんざらでもない顔をしている。

でもこれは、私なりのサービスであって旦那を上手く転がすための戦略のひとつである。

 

お休みの日はある程度やってくれる。

でも夜泣きが酷くてふらふらなときも、私が高熱が出て朦朧としていたときも、起きてるのに寝てるフリしてたのも知ってる。

寝かしつけをやると言っても途中で断念するので、逆に寝かしつけに時間がかかってしまうことがわかってるのに、とりあえずいいとこ見せとかないとという感じでときどき気まぐれにやろうとするのはやめてくれと思う。

あれは私の労力を増やそうとわざとやってくれているようで、悪意すら湧く(それも高熱のあるときにやってくれたりするw)

 

最近ものごとがわかるようになってきた息子が、旦那に対してはすごく恐れている。

その理由は、躾と称して軽く「脅し」まがいのことをしているからというのに気づいた。

旦那は本当に単純に躾としか思っていないみたいだけど、それで息子が怖がってしまっているんだから、それは躾じゃなくて脅しだと思うと、私はちゃんと伝えた。

なので私の前ではやらない。

でもいまだに息子はおどおどしている。

 

旦那は実は息子のほかにも子供がふたりいたことがある。

ので子育ては初めてじゃない。

あまりに子育てに自信のありそうなことを言っていたので、最初は子育てのベテランだと思って期待して頼りにしていたのに、オムツは最初替えれなくてオドオドしていたし、普段仕事でいないから何も知らないクセに、息子のやることに関してときどきキツイ叱り方をする。

躾に関してはとんでもなく自信があるらしい、けど私からしたら、トラウマをこれ以上作らないでくれ!という感じなのです。

 

イクメンという言葉だけがひとり歩きしてる感じで、なんだかよくないと思う。

イクメンってなに?

私からしたら、旦那を上手く転がすためだけに利用する、魔法の言葉としか思えない。

産後クライシス、妻はとても辛い!と思う

ショックを受ける女性

産後クライシスって、妻が勝手に怒ってイライラしてるだけにしか思われないんだろうけど、実はすごく辛いことだと思う。

実際に私は、子供が産まれていちばん辛かったことがコレなのです。

過食嘔吐が辛いか産後クライシスが辛いか、そのくらい辛かった。

 

子供が寝ない、夜泣きで眠れない、イヤイヤ期、ごはん食べない、言うこと聞かない、暴れるから買い物もままならない。

それも辛いけれど、コレは子供の笑顔と可愛らしさでなんとか乗り越えられる。

でも旦那に対する怒りは、どうやっても乗り越えられなかったのです。

なぜ好きで一緒になった人なのに、こうも嫌になっちゃったんだろう?

なんでこんなにすべてのことが目に付くんだろう、よく考えればたいしたことじゃないのに。

産前はもっと私はおおらかな人間だったはず。

そう思って悩みました。

すごくすごく悩みました。

苦しくて苦しくて、泣きたくなりました。

けれども意に反して嫌いという感情が止められなかったんです。

でも子育ての悩みは聞いてくれる人はいても、旦那に対する感情を話せる人なんていなかった。

だって、愚痴としか思われないもの。

でも愚痴とは違うんです。

実際は、妻は辛くて辛くて仕方ないんだと思うのです。

産後二年半の産後クライシス状況

険悪な雰囲気のカップル

 

産後クライシス(さんごクライシス)とは、出産後から2 – 3年ほどの間に、夫婦仲が悪化するという現象を指し、2012年にNHKが提唱した用語である。

引用:ウィキペディア フリー百科事典 https://ja.wikipedia.org/

え!?

もしかしてまだ続くの?

ってちょっと噴いちゃったw

 

産後クライシスは辛い。

けれども、これって実は夫婦にとって必要なプロセスなんじゃないかなとも、最近考えるようになりました。

乗り越えられなくて離婚とかになったら嫌だけど、私は何があっても今のところは離婚する気はないし(41歳子持ちだからね~、誰が拾ってくれるっていうの…)乗り越える上でかなり忍耐強くなったし、「諦めの心」というスキルをちょっとだけど身につけた!

そしてその流れで、その他のことも諦められるようになってきたから、摂食障害・過食嘔吐を手放すことに関しても、痩せたい!太った自分を受け入れられない!ということに関しても、ちょっとだけ諦めるというので解決できてきてる気はするのです。

諦めるってちょっと悲しい気もするんだけどね。

でも人生って諦めることもある程度は必要なのかなぁって。

自分の思い通りにすべていくわけないものね…

 

とりあえず子供と一緒にいられて、お金入ってきてw

そして万が一「浮気発覚!!」なんていう事態があるとしたら。

フィリピンはやめてくれ!

慰謝料が取れなそうだ!!

相手はせめて独身でちゃんと仕事してる女性にしてくれ!

間違っても既婚者、外国人、無職、金なし、カモられてるかもしれない水商売のお姉ちゃんはやめておくれ!

と思っている。

そのへんの法律だけ勉強しとこうかな…

コメント