身長160cmの私が37kgまで痩せたときに思った体型のこと

スポンサーリンク

160cm37kg

ず~いぶんと前のことです、悲しいことに…

拒食になると私は、だいたい同じような体重で一度体重の減りが止まります。

停滞期というやつなのでしょうか。

それが46kg、37kgくらいなのです。

拒食症の人はもっと少ない体重になってしまう人もいるようですが、私は37kg以下にはどうやったってなれませんでした。

それが「底」でそれからは過食の道を辿るのみ、でした。

どんな見た目か、気になりませんか?

人によって体型が違うので、みんながそういうふうだとは限りませんが、身長160cmの私が感じたことです。

 

摂食障害の人は体重表記が苦手な人がいると思うので、苦手なら読まないほうがいいかも知れませんが、拒食で頑張って元に戻ろうとしている人なら、体重を増やすのが怖いと思うので、増やしても安心な「目安」にしてもらえるかもしれません。

あくまでも身長160cmくらいの身長に限り。

体型も人によって違うので目安にしかなりませんが。

スポンサーリンク

いちおう、私の体型のこと

あんこ

あんこがどうしようもなく好きです。

そんなんはどーでもよい。

身長160cm(本当は159.5cmだけど160cmと言い張る)

授乳中なのでバストはあるけど、もともと小さくはない。

お尻がとんでもなく小さい(でも垂れている、というショボイ感じの…)

なので、キューティーハニーのようなのか?と言われたらこれまた全然違って、言われたことがあるのが

「道路標識の上が丸で下が逆三角のやつみたいだね!」
(↑ひどいよね~!でもこれ言った人、私が好きだった人。もちろん振られましたw)

なので、とんでもなくおかしな体型をしているかも(涙)

けれども案外、女子にはそんな体型の人っていて、ぽっちゃりだとタダのデカイ女、もしくはおばちゃん体型にしか見られない、そんな体型。

だと思う。

46kgで止まったときの体型

体重計に乗る女性

身長160cm46kg。

今の私の理想体重です。

最後にその体重を拝めたのは、妊娠前。

ちょうどそのころは変なダイエットをやっていて、自分の力ではなく無理やり痩せていたとき、っていう感じでした。

なので妊娠してそれをやめた途端、あれよあれよと太りました。

変なダイエットのこと→妊娠前に飲んでいたダイエットサプリメントの影響?過食嘔吐が再発!赤ちゃんへの影響など

 

46kgという体重は私がダイエットをするとなんとか満足していられる体重で、そこで止まっている期間も長いです。

もしくは今の体重、50kg前後を保っています。

今の体重だと、海やプールで水着を着ろと言われたら絶対にイヤ。

46kgなら、なんとかイケるかなぁ…そんな体型になれます。

それでももっと痩せてる子のほうが水着を着ている子には多いので、お腹はちょっと隠すor意識してへこませなければいけない感じです。

なんとなくわかりますか?

 

他人から言わせたら

「細くていいよね~」

と言ってもらえることが多い体型ですが、拒食を経験した私からしたら、まだまだ太いよ!って思ってしまう。

私の場合、46kgだとウエストは59cmから63cmくらいになれます。

なので洋服を買いに行くと、ショップによってはSサイズじゃないとぶかぶかで、Mサイズがいちばん数はあると思うので、ときどきすぐにサイズがないということになってしまうこともあり。

オシャレを楽しみたいなら、もうちょっと太ったほうが服は選び放題ですが、46kgは私の場合、服を着たときにいちばんバランスよく見える体重でした。

これが50kg超えちゃうとなぜか、この服は入るけどあの服はウエストが苦しいとかになってしまうので、今の私はもうちょっと痩せたいところです。

45kgになると止められなくなるダイエット

窓の外を眺める女性

正直45kgくらいになると、ちょっと痩せすぎなのかなぁ?とも思うことはあります。

けれども、そうなると体重計に乗ることがやめられなくなり、減らすことにはまりだします。

体型なんてどうでもよくなる。

痩せすぎてくると、全体的な見た目なんかよりも「パーツ」が気になりだしてくるのです。

「骨と筋」ですよ。

骨が浮きでてきて、皮膚のすぐ表面に筋を感じられることにうっとりしてしまう。

アバラ、鎖骨、手首の骨。

はたまた、手の甲足の甲の骨が浮いているのですら美しいと思って、傍から見たらガリガリなのかもとかそんなことはどうでもよくて、自分が美しいと思う細さにならないと満足できなくなるのです。

それはどんどんエスカレートして、鏡を見てもパーツしか見なくなる。

ガリガリな全体像はどうでもいいんです。

全体像を見ていても、骨と筋にうっとりする始末。

私の場合はそんな感じで、どんどん痩せることがやめられなくなります。

ちょっとでも体重が増えてると、なんてダメな自分!

と強迫的に自分を追い込んで、食べれなくなってゆく。

普通の体重に戻ると、そんな自分がいたことが怖くなるんですけどね。

だけどもう一度くらいはその体重になって「骨と筋」を拝んでみたいとも思う。

でもたぶん、私が次にそんな「骨と筋」を拝むようなときは、本当に骨になる直前のような気もするのでやめときますw

 

37kgくらいになると、服なんてもちろん全部ぶかぶか。

ベルトの穴なんて合うところがないので、無理やり穴作ります。

骨盤の骨が浮きまくり、ベルトと擦れて肌が黒くなります。

お尻に肉がないので、椅子に座っても数分で痛くてたまらない。

お腹は脂肪がなくなって、皮とわずかな肉がドレープのように垂れ下がり、胸も脇の付け根から皮が垂れ下がっているような状態。

奇妙なのかもしれない。女らしくもない。

けれどもそんな状態でも、骨と筋を感じられると嬉しくなるのです。

女らしいとかはどうでもよくて、ただ痩せていられればいいのです。

でも私の場合はいくら頑張ってもこれ以上痩せられないし、この体重になると、痩せようとすればするほど、恐ろしいほどの過食欲求が湧き上がってきて、普通ではありえないようなものまで口に入れてしまう、というホラーな精神状態に陥るのでした。

過食と拒食、普通の食欲、どこからそうなるのか?

悩む子猫

これは完全に私の場合のことだろうし、そのときの体の状態によっても変わるので絶対とは言い切れませんが、どのくらいの体重だとどんな状態の食欲だったのか?ということが気になる人もいると思うので、一応書いておきますね。

 

37kgとかだと、もう異常食欲でしかありませんでした。

ここにちょっと書いてあるので読んでみてね→摂食障害、過食嘔吐が全然治らない!と悩んでいるあなたへ

 

そして46kg、私の理想体重になれたときですらも、変な食欲はずっとついて回りました。

そのときのことはこちら→過食も過食嘔吐もしないで痩せを維持できていたとき(BMI18)

 

普通の食欲に戻れて毎日が充実していたときもあって、そのときの体重が私の場合は50kg前後。

そのときの話→摂食障害を治すための体重増加。治ったら痩せるは本当?

 

けれどもこれは、食欲のままきちんと食べて一度太ったあとに自然に戻ったときのことなので、今現在おなじくらいの体重でもそのときとおなじ食欲には戻れていません。

私の場合は、きちんと段階を踏んで体重と食欲を戻していかないと、なかなか正常な食欲にはならないようです。

けれどももう、あのときのいちばん太ったころには戻りたくないんですよね~(マックスで63kg!)

なので今、ちょっと悩みどころでもあるのです。

 

どうしたらいいと思いますか?

誰かわかったら教えて欲しいです。

ババアなんだからもう諦めればいいのに…

とも思うんですけどね~。

コメント