家族が摂食障害の過去を知っていて困ること。と心の満腹感

スポンサーリンク

ホームパーティーと手巻き寿司

拒食、過食、過食嘔吐

すべての過去を知っている家族と、お正月に集まりました。

実はまだ完治はしていないけれど、それは誰も知らない(もう治ったことになってると思う)

けれども最近は過食も嘔吐もしなくなってきたので、もちろんその日も食事してもするつもりはありませんでした。

子供がよく動く年齢だから(2歳)自宅以外の人が集まるところで食事をすると、母親の私はあまり落ち着いて食べられません。

実家に集まれば母が気をつかってくれるので、多少は食べられるだろうとご馳走を期待して行きました。

が、しかし…

スポンサーリンク

家族が摂食障害の過去を知っているということ

手巻き寿司

摂食障害のことを知っていても、治してきた過程や戦ってきた過程は誰もあまり知らない。

拒食から過食に移行したときだけじゃないかな。

家族がバラバラになる原因になった出来事だったから、みんなホッとしたと思う。

それ以外の苦しみは、ところどころは知っていても知られていないことのほうが多い。

関連記事

摂食障害を家族に告知すること

摂食障害のせいで家族が崩壊しかけた話

 

なので、目の前にご馳走があるというのに(その日は手巻き寿司)落ち着いて食べられないのです。

余計な思考が邪魔をする。

たくさん食べていたら

「どうせあとでまた吐くんじゃないの?」

とか思われてそうで。

そしてそのあとお手洗いに普通に用を足しに行っただけなのに、無駄に早くことを済ます。

実家に集まるのは楽しみでも、正直ごはんを食べると毎回ちょっとだけストレスを溜めて帰ってくるのです。

そんな人いないかなぁ?

 

お母さんの手作りのから揚げ、もっと食べたかった。

あのお刺身美味しそうだったのに!

と完全に心残り、心の消化不良気味で帰宅したのでした。

食べてもお腹がいっぱいにならないときと、ちょっとでも満腹になるとき

テーブルセッティングと可愛いお皿

心で感じる満腹感ってあると思う。

実家でみんなでごはんを食べるようなときには、緊張してるのもあるけれどたくさん食べれたとしてもなんだか満足しない。

 

うちの旦那さんは朝6時に起きて食べずに仕事に行き、23時くらいに帰ってくるので、普段一緒にごはんを食べることはなくて、週一回のお休みのときだけ一緒にごはんを食べる。

そんなときは安心してるのか、そんなに食べてなくてもお腹いっぱいになってしまって、途中で食べられなくなりそうになることが多いんだよね(でも食い意地が張ってるから全部食べる)

 

完全に心で感じてる満腹感だよな~って思う。

息子とふたりきりで食べてるときは、まだ足りないと思って結構食べちゃう。

毎晩一緒にごはん食べられたら、私痩せれるんじゃないかなあ…

(だけど悠々自適な今の生活は手放したくない)

無関心、寂しいけれどぶっちゃけ楽だった

家の置物と草っぱら

旦那さんも実は摂食障害のこと知ってるんだった。

だけどほぼ無関心だから、寂しいけれどぶっちゃけ楽なのでした。

無関心なのかなぁ?

それともそういうそぶりをすることが、彼なりの優しさなのかな。

それはわからないけれど、とりあえず何も言ってこないし、相談しても困った顔してうつむかれてしまうだけなので。

一緒にごはんを食べても、そのあとお手洗いに行ったとしても、万が一吐いてしまったとしても(吐いてたこともあった)、なんだかあまり気にならない。

 

きっと家族なんだな、旦那さんと息子ふたりが私にとっては。

摂食障害に関しては誰もが無関心で助けてもらえないけれど、私にはこの環境がもしかしたら合ってるのかもしれない。

だから、ゆっくりひとりで治していこうと思います。

関連記事

彼氏や旦那さんに摂食障害を告白するということ

産後クライシスってなに?いつまで続くの?ということと、うちの現状

摂食障害と恋愛。パートナーに期待するのはいい、希望は抱かない

妊娠中に過食嘔吐が止まったときのことと、産後再発した理由

コメント