摂食障害の子がみんな痩せてるとは限らない

スポンサーリンク

イエスノークッキー

「摂食障害」というと、世間一般的には拒食症で痩せている人のイメージがいちばん強いのではないでしょうか。

痩せすぎな子を見て

「あの子拒食症なんだって」

と言われたらほとんどの人が納得する。

そしてちょっとぽっちゃりしていたり太っていたりすると

「私、摂食障害なんです」

と言ってもなかなか信じてもらえないし

「昔拒食症でガリガリだったんです」

と言っても、太っている姿しか知らない人からは

「嘘だろ~w」

とバカにされる始末。

そんな経験をした人、いませんか?

スポンサーリンク

悩みないでしょ!

カフェ

ずっと昔、拒食症から過食になり過食嘔吐という段階を経て、暗黒の摂食障害期を抜け出せた時期がありました。

毎日が充実していて、夢のためにお金を貯めたくてアルバイトを掛け持ちして頑張っていました。

そんなときに出会った女の子に言われたひとこと。

「悩みないでしょ!」

 

そのときの私は、過食や過食嘔吐をやめて普通に食べれるようになってきたときで、一時増えた体重がちょっとづつ落ち着いてきていた時期でした。

そのときのこと→摂食障害を治すための体重増加。治ったら痩せるは本当?

 

160cm53kgとかそんなもん。

ぽっちゃりかちょっと太ってる、くらいかな。

工場で昼間働いて、夜と土日だけとあるカフェでアルバイトしていました。

そのカフェで働いていた女子大生で、すごく華奢で可愛くて仕事ができる子がいました。

私は華奢で可愛い女子がタイプなので(そっちの気はないです)可愛いなぁと憧れていました。

 

仕事が暇になり、一緒に準備をしていたときのこと。

「○○さんって悩みないでしょ!」

(え!?それはどこをどう見て思ったの?)

体型を気にしていた私は、なんとなくすぐに体型で思われてる?と思いました。

そのあとに続いた言葉。

「私昔すごい太ってて、拒食症になってすごい辛い思いしてきたんだよね、だから○○さんみたいなの見てると羨ましい…」

耳を疑っちゃいました。

その子が摂食障害だったというのは、おなじ摂食障害経験者として言われてみればなんとなくわかりました。

そしてそのあとに続いた言葉。

「よくそんな太っていられるよね」

 

いやいやいやいや!

よくそんなこと言えちゃうよね!

って思ったよ。

摂食障害の過食期を経験したことがない子なんでしょうか?

それともすぐに過食嘔吐に移行して、痩せを維持しているのかもしれません。

それならますます辛いことでしょう。

けれども過去に太っていて悩んだ経験もあるのに。

ひどく傷ついたけれど、びっくりしました。

摂食障害は痩せているとは限りません!

体重計

摂食障害で悩んでいる人は、なにも痩せている人ばかりではありません。

拒食になってずっと食べられなくなってしまう人もいれば、いつかそれが爆発して、抑えきれない食欲で過食に走る人も大勢います。

そんな人は太らないように吐いたりコントロールできていれば痩せていられるかもしれない。

けれどもそう思いつく前に太ってしまった子は、痩せてなんていないのです。

そして、痩せを維持している人も維持できずに太ってしまった人も、同じくらい抑えられない食欲と戦っているのです。

過食欲求って本当に辛いですよね。

生きていくためにいちばん必要な欲求だから、とんでもなく辛い。

はらわた煮えくりかえるくらい辛いと思う。

ていうか煮えくりかえるよね、押さえ込もうとすると!

拒食症だから辛い、太ってるから悩んでないっていうことは絶対にない!

ぬいぐるみを撫でる猫

拒食症も辛いです。

食べたいのに食べられなくなって悩んでいる子は辛いと思います。

けれども過食が止まらない人、過食嘔吐がやめられない人、食べたい欲求と戦っている人だっておなじくらい辛いんです。

私の場合は痩せたいという理由で拒食症になったので、むしろ拒食期よりも過食に移行して太ったときのほうが辛かったくらいです。

悩んで悩んで治そうと一生懸命食欲と戦って、それでも治らなくて、自己嫌悪で何度も何度も死にたいと思いました。

誰も心配してくれない、誰も理解してくれなくて、いろんな人に馬鹿にされて、本当に辛いと思いました。

関連記事人は見た目じゃないと言うけれど…「デブだったときに受けた屈辱」

 

過食で太ってしまった人、辛くないですか?

外に出るのも嫌、自分が嫌い。

そんなふうにめっちゃ悩んでますよね!?

過食嘔吐で痩せを維持している人はどうなんでしょう?

私は過食欲求を我慢したり、ときどき過食嘔吐したりして痩せを維持できていた時期もありましたが、太っている子に悩みがなくていいよね!なんて、絶対に言えなかったです。

関連記事過食も過食嘔吐もしないで痩せを維持できていたとき(BMI18)

 

摂食障害の症状があるときは、太っていようが痩せていようが辛かった。

常に食べ物のことで頭がいっぱいで、なにも楽しめなかった。

食べることって楽しくて幸せなことのはずなのにね。

いつもニコニコしてるデブ

「○○は太ってるけど愛嬌があるからいいよな」

これは太っているときに数人の男性から言われた言葉です。

そして私は太っているとき、カフェのアルバイトで言われた女の子以外にも、男性にはよく

「悩みがなさそうでいいよな」

って言われてました。

男って女性の体型に関して無神経な人が多いと思います。

もうこれは男と女の体型に関しての悩みの大きさの違いなのかなと思うので今となっては仕方のないことなのかもとは思っていますが、若いころはそれでなんども落ち込みました。

男の人って体型で悩んでいる人もいるけれど、違うことのほうが悩み深いことが多いですものね。

 

常にニコニコしていました。

自分ではあまり意識していなかったけれど、会う人会う人に言われていました。

ニコニコしていることはとてもいいことで、それが私の長所だったのかもしれませんが、あまりに悩みがないと言われるので傷ついて、ニコニコすることを意識して控えるようになりました。

カフェの女の子もたぶん、悪気があったわけじゃないのかもしれません。

私の顔がいけなかったのかもしれませんw

でも、人間みんな悩みなんて多かれ少なかれ誰でもあるよね…

って私は言いたい。

そして、太ってるからって食べることに関して、体型に関して悩んでいない、気にしていないなんていうことも絶対にない!と言いたい。

昨日テレビでやっていたダイエット番組「ダイエットビレッジ」に出ている女性たちだって、体型のことでかなり悩んでいるからあれに出てるんだし、食べ過ぎてしまうことに普通の人以上に悩んでいるんだろうなぁと、摂食障害の私はそういう見方で見ていました。

 

太っていても悩んでるし、一生懸命生きてるんだ!

本当はみんな可愛くなりたいんだ!

そう思います。

 

木のライン

 

ちなみに私がアルバイトしていたカフェは、愛知県では有名な「コメダ珈琲」です。

ここのシロノワールっていうのが有名で、甘いもの好きな女子にはお勧めです♪

ソフトクリームたっぷり。

けれども私はほとんど食べたことがない。

でも、ソフトクリームが「デン!」とのっかったクリームコーヒーっていうのが好きで、行くと必ず頼みます。

興味のある人はゼヒ。

コメント