摂食障害を治すには「開き直っちゃうくらいがちょうどいい」

スポンサーリンク

お腹のサイズを測る男女

こんにちは。

産後全然痩せられなくて、完全に開き直っているババアです♪

ホント痩せないわ~!

ネット見てると「母乳は痩せる」って書いてあること多いけれど、それって
「都市伝説なんじゃないの?」
ってめっちゃ思う。
(そのことを以前、他のブログにも書いてました)

【母乳で痩せる】って都市伝説ですかww

 

痩せたくて痩せたくて、最初のころは運動も頑張ってやってたりしたけれど。

食事制限しなきゃというのがストレスで逆に食べすぎちゃったり、また過食嘔吐が再発しちゃったりもしたけれど。

今は過食嘔吐を治したくてそっちが先決なので、ちょいデブですがなんにもしていませんw

スポンサーリンク

世の中は痩せている女性ばかりじゃない

くまのぬいぐるみ

私はもうすでに「中年太り」と言われてもおかしくない年齢(41歳)

まわりを見渡せば、同年代の女性はどちらかと言えばちょいポチャが多い。

子持ちの女性にしても、すらっと綺麗なお母さんとちょいポチャと半々、というところ。

今私が住んでいるところがかなりの田舎だからというのもあるのかもしれませんが、案外ちょいポチャ人口が多いなぁと思うのであります。

だから私がちょっと産前よりも太っていようが、誰も
「あら~、おデブさんがいるわ!」
なんて思ったりもしないだろうし、そんなに気にすることもないのです。

痩せているからモテるとも限らない

くまとハートのマシュマロ

今私が若かったら、まわりの同世代も痩せて綺麗な子も多いだろうから気にするのかもしれないけれど。

私はそんな男子の目が気になる年齢のころ、痩せていたときとちょいポチャを経験しています。

痩せてるときとちょいポチャのとき。

寄ってくる男性の質が違った気がする。

 

痩せてるときはそりゃ、多少はモテた。

でも、外見気にする人が寄ってくることが多かったから、太ることをすっごく気にしてた。

一緒に食事に行っても、なんか楽しめなかった。

その彼がめっちゃイケメンとかだったらよかったのかもしれないけれど、外見気にする男がイケメンとは限らなくて。

デブもいたし、ブサもいた。
(でも私はイケメンよりもそっちのが実は好きw)

だからときどき
「なんでコイツのために私食べるの我慢してるんだろ?」
って思うこともぶっちゃけあった。

 

ちょいポチャのときはモテなかったかというと、実は痩せてるときとそんなに変わらなかった。

ただ、一緒にいて話してるだけでも楽しい人が多かったし、お互い食いしん坊でバイキングとか心から楽しんで行けるような人が多かった。

もともとちょいポチャが好きな男性もいた。

男性って、痩せてる女性が好きとは限らないんだなぁとは、そのとき思った。

どちらかと言うと、ちょいポチャのときの方が愛されてる感が強い恋愛が多かったな、とも思います。
(痩せてるとき、実は二番手とかセフレ扱いだったことがかなりあったのw)

 

めちゃめちゃガリガリだったころの恋愛もあったけれど、そのときはそんなにモテなかったです。

でも男の人っていろんなタイプがいるから、そんなガリガリが好きというのもいて、だから体型でモテないということは絶対にないんだなぁとは思う。

それなりに太ってるときも彼氏はいたし、私は以前アダルトのブログをやっていたことがあったので、アダルト路線でも男性を見てるけれど、デブ好きって案外いる。

それもイケメンでもいる!!
(他人の目を気にしてスタイルのいい彼女を連れているイケメンでも、実はデブ専でセフレは超ぽっちゃりとか、そんなのもいたりする)

なのでモテに関しては、体型はホント関係ない。

摂食障害の症状が治まっていたとき

マカロン

そんな私がちょいポチャだったときというのは、拒食と過食を経て症状が治まっていたときなのです。

症状が治まっていたときの私の口癖。

「私、お腹出てんだよね~!」

それを最初に言っておけば指摘されることもないし、それでもいいという人ばかりが寄ってきた。

ちょっと開き直っていました。

痩せたいけれど、痩せることを放棄すらしていた。

だって食べることは楽しいし、恋愛も楽しいし、痩せることばかり考えていたら毎日楽しめないもの。

思えばそのときがいちばん楽しかったです。

摂食障害を治すには、開き直るくらいがちょうどいい

豚とブルドック

そう思います。

だって、痩せようと思ったってそんなに簡単に痩せられないもの。

痩せようと思って痩せるのって、かなりの労力と時間を要しますよね。

そしてそれが必ずしも成功するわけじゃなくて、下手したらリバウンドという恐ろしい目にあうことすらある。

それじゃあ摂食障害の人は確実に悪化するもの。

治したいなら、開き直るのは絶対に必要なことだと思います。

 

だって、治すためには太ってる時期も経験しないといけないことが多いわけで。

それが辛くてたまらないなら、治るのに余計な時間を要してしまうかもしれない。

それならいっそ、そのときだけでも開き直ってしまったほうが楽だし、治りも早いです。

私がそうだったもの。

だから今も、開き直ってるけどそれくらいがちょうどいい、と思っています。

治ったらまた健全にダイエットすりゃいいことだし、治っていく過程で自然に痩せるということだってある。

若い人ならモデル体型は無理でも、標準体型くらいまでなら戻ることがありますよ。

関連記事摂食障害を治すための体重増加。治ったら痩せるは本当?

 

だだ…

今の私の年齢になると「中年太り!」というものがある。

これに関しては、本当にそのくらいの年齢になると代謝は落ちるし、痩せにくくなる。

なので、中年の摂食障害は治っても痩せるのが難しくなってくるのかなとも思っています。

中年太り恐るべし!!

 

けれども体型に関して開き直ってるからって、すべてをあきらめているわけじゃないんですよ。

太ってるなりにおしゃれはしたいし、小奇麗でいられるように努力はしています。

それを怠ったら女やっててもつまらなそうだし、デブならなおさら小奇麗にしていないとまわりに失礼かなとも思うので…

太っていてもおしゃれはできますからね~。

今ってとくに、ミニスカート全盛期じゃなくていいなって思います。

コメント