摂食障害を治したい「私を理解して! わかって」が強すぎませんか?

スポンサーリンク

摂食障害の私をわかってほしい、理解してほしい

 

摂食障害って、どちらかというとすぐに偏見持たれるから辛いって思いませんか?

わがまま病だとか甘えだとか、意志が弱いからだとか、お前がダメな人間だからだとか。

私は自分自身でもそういう風に思っていたから、ずっと自分で自分を責めていました。

けれども、治そうと決意していろいろ調べたりしていくうちに

わがまま病でも甘えでも、意志が弱いわけでも、ダメな人間だからなわけでもない

というのを理解することが、治すためには必要なことだというのがわかってきて。

 

けれども他人にそれを話すと

「甘やかして育てすぎた」

とか

「わがままばかり言ってるんじゃない、世の中にはもっと辛い思いして苦労している人なんていっぱいいるんだ」

とか

「意志が弱い、頑張れば治る」

とかやっぱりそういうことを言う人もいて、また決意と自信が折れて自分を責める、という悪循環に陥っていました。

 

だからわかってほしかった。摂食障害の辛さを。

好きで普通に食べられないんじゃない、本当は普通に食べたいのに、怖くてどうしてもできないんだ

ってことを。

 

スポンサーリンク

摂食障害である私の辛さを理解してほしい

わかってほしかった。

どちらかというとわがままや甘えかたがわからなくて悩んでいるくらいだし、頑張りすぎたから拒食から過食になっちゃったんだし。

 

心配してほしかった。

摂食障害は楽に痩せていられるわけでも、好きなだけ食べて太らないでいられるわけでも、ただ食べたくて食べ続けているわけでも、食べたくないから食べないわけでも、太りたくて太っていってるわけでもなくて。

どんな症状でも本人は死にたいほどつらくて、そして放っておくと命の危険すらあることとか、見た目の症状以上にしんどいんだってこととか。

 

摂食障害になったことのない人に話すということ

本当は食べたくないんじゃなくて怖いんだ。

治りたくないんじゃなくて、太るのが怖くて嫌なんだ。

普通に食べようと努力していないわけじゃなくて、努力しても普通に食べられないんだ。

過食も嘔吐も拒食も、やめたいのに止められないんだ。

いつもいつも、逃げたいなにかがあるはずなのに、摂食障害の症状に逃げてしまっては酷い自己嫌悪に陥ってるんだ。

 

だから摂食障害の症状から逃げてるから治せないわけじゃないってことを、ちゃんと理解して認めてほしい、わかってほしい。

けれども、摂食障害になったことのない人にその感情を理解してもらうことは困難。

「なんでそんなに痩せにこだわるの? ちょっとくらい太ったってまたダイエットすればいいことじゃん」

それが普通の感情。

 

自分だって最初はたぶんそんな感情だった。

けれどもそれがあるとき少しづつ、自分でもあまり意識しないうちに現実の辛いことから摂食障害の症状に逃げてしまった結果が今なんだから仕方ない。

でもそれを、摂食障害になったことのない人にわかってと言っても、本当に理解してもらうことは難しい。

 

摂食障害をカミングアウトしたときの他人の反応

摂食障害を人に話したらいろいろな反応をする人がいました。協力的な人も、無関心な人も。

けれども私の場合は、協力的だったからと言って治すためにいい方向に向かったわけでもありませんでした。

 

摂食障害を批判してくる人、泣くだけの人

これはまさに、うちに両親のことです。

父親は批判してきました。甘やかしすぎただとか、わがままだとか。

母親は「じゃあ私はどうしてあげたらいいの!」と泣きました。

泣きたいのは私なのに、泣かれてしまって余計に自分を責めました。

 

摂食障害だということをバカにしてくる人、笑い飛ばす人

「何つまらないことで悩んでんだよ、くだらない」

「もっと楽しく行こうや! そんなのダサいからやめろ」

友人関係にある人、とくに男性にはそんな風に言われました。

うん。でも、そう思えるなら悩んでないよね…

でも、その前向き思考に助けられたこともあるので、傷ついても何も言えません。

話した相手が悪かった、それだけです。

 

摂食障害のことを話しても無関心な人

これは今の私の旦那さんのことでもあります。

話しても右から左に流されている感じがする、話していると面倒くさそうにすらされる。

理解してほしくて摂食障害のことが書いてあるホームページを教えても、全く読んでくれている気配もない。

当初はすごく悩みました。ひどい人だと思いました、大嫌いにもなりました。

 

同じく摂食障害のさなかにいて境遇を理解してくれる人

同じ摂食障害の人は理解してくれました。けれども私の場合はそれで頑張って一緒に治そうとはならなかった。

自分よりひどい部分を探して抵抗意識をもってしまったり、自分より優れている部分と比べて対抗意識を持ってしまったり。

自分はあんなふうじゃないからまだマシだとか、自分より食べてないとか痩せてるとか。

摂食障害の真っ只中にいる人ってそんな傾向ありませんか?

それも摂食障害にありがちな症状のひとつだと思うんだけれど。

 

摂食障害の症状をすごく心配して親身になって理解してくれる人

こんな私にもいたんです。私は一度離婚していますが、前の旦那様がそういう人でした。

このブログにも書いているステップあやさんの本を買ってくれたのも旦那様でした。

ステップあやさんのブログも熟読して、本も隅から隅まで何度も読んで理解してくれました。

すごく嬉しかった。治そうとめちゃくちゃ努力しました。

けれども私には治せなかった。

関連記事

ステップあやさんってどんな人? 見た目や体型は? 美人塾って?
摂食障害のブログを書いているステップあやさんという人の、美人塾という会に参加しました。美人塾って怪しくないの?すてっぷあやってどんな人?見た目や体型は?過食、過食嘔吐、拒食症などに悩む人の参考になれば幸いです。

 

摂食障害である私のことを理解して! わかって! だけじゃダメ

摂食障害をカミングアウトできずに、ひとりで悩んでいる人も多いと思います。

私はずっと

他人に自分の気持ちや辛さ、苦しみを理解してほしい

という気持ちが強かったし

ひとりじゃ治せない

という思いもあったので、どちらかというと人に話しているほうなのかもしれません。

でも、わかって! 理解して! だけじゃダメなんだって気づいたんです。

 

親身になって理解してくれても摂食障害の症状が治まらなかった理由

前の旦那さんが理解を示してくれたとき、すごく嬉しかった。

話を聞いてくれて相談に乗ってくれて、不安になったとき、症状がぶり返しそうなときに頼れる存在がいるっていうことは、治そうという励みにはなった。

けれども相手が男性で旦那さんという身内になった人だからなのか、私の性格なのか、心配してくれる気持ちを試すような行為をしてしまうようになりました。

 

普段は治そうと努力してる。けれども喧嘩したり、心配してくれてる気持ちが弱まったりしてる気がすると、目の前で過食嘔吐したり食べられないと泣いたり、過食しそうで怖いと訴えたり。

だから、症状が治まってはぶり返す。それを繰り返していて治せませんでした。

私のことを理解して、心配してっていう気持ちだけが強すぎたんだと思います。

 

摂食障害を理解してくれなくても、わかってくれなくても

摂食障害である私を理解してほしい、わかってほしい。

その気持ちだけが強すぎて、相手の立場になって考えないから何も見えてなかった

ということを、離婚やいろいろなことを経験して最近理解できるようになってきました。

 

話をきちんと聞いてくれていない気がする、無関心、批判しかしない。

自分がそう感じている人でも、実は全員が全員そういうわけじゃない。

摂食障害を理解するということは、なったことのない人には難しいこと。

摂食障害のことに関して理解を示してくれない、無関心、批判的。

それは摂食障害がわからないから。

 

でもほかの部分ではちゃんと、心配して考えていてくれることもある。

 

批判的だった父は摂食障害に関してはなにも言わないけれど、困ったことがあればすぐに助けてくれる。

泣いていた母親はステップあやさんの本を渡したらボロボロになるまで読んでくれていたし、生活面ではいっぱい助けてくれている。

無関心に見えた旦那さんも、実は摂食障害に関しては話されても全然わからなかっただけで、ほかのことに関してはちゃんと心配してくれていた。

 

「摂食障害のことをわかってほしい」

そのことだけを考えずに見てみると、案外暖かく受け入れられていると感じられることがいいっぱいあった。

 

相手のことがわかってきて、相手の立場になって考えるようになったら「摂食障害を治す力」が湧いてきた

そういうことが見えてきたら、私の場合は自分で治す力がついてきて、回復傾向が強くなりました。

「自分のことばかりわかって」

じゃあダメで

相手のことを知ろうとしたら見えていなかったことが見えてきた。

そうしたら自分で治したい、治そう! と気持ちが前向きになって、治すためのチカラも湧いてきた。

 

摂食障害を治すのは家族でも友達でも医者でもなくて、自分自身。

悩んでいるとまわりが見えないこともあるけれど、ちょっと冷静になって見方を変えてみると案外ひとりぼっちじゃないかもしれない。

それに気づけたことのほうが、摂食障害のことを他人に理解してもらうことよりも、私の場合は回復に近づきました。

治そうと思ったときに、何も言わずに暖かく見守っていてくれるだけの存在は、私にとってはありがたかったです。

 

コメント