摂食障害、拒食症、過食嘔吐、アルコール依存に安定剤。希死念慮ばかりの日々

スポンサーリンク

依存症

アルコールだけに依存していられたときはまだよかった。

飲む量が異常すぎて体は常にだるかったけれど。
(4リットルペットボトルの焼酎をわずか5日で空けてました)

そのときの話はこちら↓

アルコール依存と摂食障害。アルコールは神で悪

 

失恋をきっかけに拒食になり、その反動でまた過食嘔吐が再発。

もう治ったと思っていたのに、約7年ぶりくらいの再発でした。

スポンサーリンク

アルコール依存症と摂食障害の併発

絶望で壁にもたれる女性

「お酒を飲んで何も食べられない」

「お酒を飲んで食べては吐く」

を繰り返す。

気持ちはさらに落ち込み、何もする気が湧かず抑うつ状態。

仕事も辞め、家に引きこもり、テレビすら観られなくなりました。

なにをしていても楽しくなくて、泣いてばかりいました。

失恋はただのきっかけで、ただただ私はなぜかそのとき、不安で仕方なかったのです。

誰かに一緒にいて欲しかったのに、それがいなくなったことが不安だったのでした。

不安すぎてすぐに受診できる心療内科を探し、泣きながら行きました。

なんでもよかった。

この不安とまた再発した摂食障害をなんとかしたかったのです。

摂食障害にだけはもうなりたくなかったのに。

初めての安定剤

処方薬

摂食障害で何度か心療内科や精神科を受診したことがあるのにもかかわらず、そのときまで薬は服用したことがありませんでした。

そういう類の薬にすごく抵抗があったからというのと、今までの病院は摂食障害のことを頭ごなしにけなすような医者しか出会ったことがなかったから、信頼できなくて出された薬はすべて捨てていたのです。

けれどもたまたま行ったその診療内科は初の女性医師でした。

その女性医師はなんだか安心できる雰囲気の人で、症状のことを一切けなさず、ただ話を聞いてくれるような人だったので、しばらく通うことができました。

そしてそこで処方された薬を、抵抗はあったものの弱い安定剤ということで、飲んでみました。

なかなか体に合わず、記憶がぶっ飛んだりしてすごく怖かったのに、数ヶ月したらハマっていました。

飲むと安心する感覚に。

だから飲まないと落ち着かない。

そう、安定剤依存です。

本当はアルコールとの併用は不可。

だけど私はアルコールがやめられないので、酒で飲み干していました。

でもそうすると最悪で、気分は上がりすぎるか落ちすぎる。

安定しているかと思うとお酒が入って落ち込んで。

そんな飲み方をしていたので、その後知り合った彼氏にはかなり迷惑をかけました。

安定剤、そして一時期抗うつ剤も服用していたので、なんだか最悪でした。

過剰摂取もやったし、救急車のお世話にもなった。

胃洗浄まではしなかったけれど、派手に吐いたので胃と食道がやられて、あまりの痛みに唾を飲み込むのにもうなっていました。

もうあんな辛いのはこりごりです。

私の場合は、安定剤や抗うつ剤を飲んで医者に通っても、摂食障害は治りませんでした。

ただずっとは続かず、生活が安定しているときは治まったりしていました。

摂食障害、拒食症、過食嘔吐、アルコール依存に安定剤依存を繰り返す

泣き叫ぶ女性

 

突然気分が変わって仕事を変わったりやめてしまったり、恋愛関係で修羅場になることが多かったです。

そんなことで生活が不安定になると、拒食、過食嘔吐、アルコール依存に安定剤依存を繰り返すようになりました。

つねに希死念慮に囚われ、ときには行動に移すことも。

そのときは上京して一人暮らしをしていましたが、あまりにもひどいので実家に連れ戻され、ついには家族に抑えられて、依存症専門の精神病院に入院させられました。

摂食障害の人が入院となるとガリガリに痩せて、という状態が多いと思いますが、私の場合は依存症治療のほうが重要で、摂食障害に関してじゃなく、依存症で入院したのです。

なのでガリガリには痩せていなかったです。

けれども痩せに囚われていて、それ以上太ることは耐えられない状態でした。

いろんなものに依存した後遺症?

後遺症なのか、歳なのか、はたまたもともとあった性格なのかわからないけれど。

とりあえず文章書いてて内容が飛びますw

これ読んでたらわかると思うけど。

読みにくくてすみません…

あと、ちょっとしたことでキレやすくなった気がします。

「なんだ?怖えぇババアだなぁ」

と道行く人はもしかしたら思ってるかもしれない…

たぶん大丈夫だとは思いますが、自分ではわからないw

とりあえず摂食障害でも、変なほうに依存していかないに越したことはないと思います。

今安定剤とかアルコールに移行しそうな人は、出来ればやめたほうがいいです。

ますます辛くなるし、生きてるのが嫌になります。

下手したら変な修羅場くぐらなくちゃいけなくもなるので、早く抜け出せたらいいですね。

だって依存症の末路って全然カッコいいものなんかじゃないもの。

依存してるときは気づかないけど、傍から見たら滑稽なものでしかないとも思うし。

でもなかなかやめられないから病気なんでしょうけど。

コメント

  1. めぐみ より:

    こんばんは
    突然すみません。文章として表現するのが苦手なので、読みにくいと思いますがどうしてもお伝えしたくなりました。

    私もたまに過食嘔吐のクセがあり、もちろんやめた方がいいこともわかってますが、やめられないまま10年以上です。過食嘔吐をすると落ち込む日もあれば、過食嘔吐によって気持ちが安定する日もあり、わたしにとって簡単に切り離せない習慣です。

    こちらのブログを読ませていただき、まるで私の心情を文字にしてくれたようで涙が出ました。誰もこんな複雑な心境は理解できないだろう、、とずっと誰にも相談せず過ごしていたので。共感することばかりで、とても満たされた気持ちです。本当にありがとうございます。これからも読ませていただきます。

    • こうへいたの母kouheita0629 より:

      めぐみさん、コメントありがとうございます。
      たまにどうしてもしてしまうということで、今の私と似たような状態なのかもしれませんね。
      確かにやってしまうと落ち込みますが、気持ちが安定することもあります。
      私たちにとっては、ストレス解消とか、心のよりどころとか、不器用でうまく吐き出せないものをかわりに吐き出すための手段とか、そういう意味合いでやらざるを得ない、他に方法が見つからないというのもあるのかもしれません。

      ブログ読んでいただけて嬉しいです。
      私もいろいろな摂食障害の方の書いているブログを読みますが、読んでいて涙することがあります。
      摂食障害って、治し方とか調べてもイマイチはっきりとこうすれば治るという方法がありませんよね。
      「そんな治し方じゃ治るわけない」とか「そんなことすればいいっていうのはよくわかってるけど出来ないから困ってるのに!」っていうのがほとんどで、リアルタイムで悩んでる人たちの気持ちを読んでいたほうが正直私は救われることが多いです。
      なのでこのブログは、生き恥をさらしているという気持ちは大きいですが、悩んでいる人たちのために、私もおんなじなんだよとさらしていくつもりです(笑)
      そしてそのなかで、そんな私でも治ったよと、伝えることができたらいいなと思っています。
      まだ私も回復途中ですが、ゆっくり一緒に悩んでいつか治すことが出来る日がくるといいですね。