摂食障害を治したいなら「無理なダイエット」はしないほうがいい。わかってはいるけれど…「やっぱり痩せたい気持ちはあるからダイエットしちゃうよね」っていう話

スポンサーリンク

悩む子猫

私は過食嘔吐に悩んでいます。

もっと詳しく言えば
「普通食嘔吐」
と言えばいいのでしょうか。

過食は今はほとんどしないでいられます。

ときどき食べ過ぎても過食というほどじゃなく、普通の一食ぶんよりも少なかったりすることが多いです。

そのときの自分のなかで許せる範囲を超えてしまうと、怖くなって吐いてしまうのです。

なのでコレは多少、拒食症の要素も持ち合わせているのかもしれません。

だってやっぱり

「太るのは怖いし、痩せたいんだもの!」

スポンサーリンク

治したいけれど「痩せたい気持ち」は捨てられない

摂食障害を治すためには
「普通に食事をすること」
「太った自分でもちゃんと受け入れること」
というのは理解しているけれど、やっぱり太ったらショックだし、常に普通に食べれるようになりたいけれど怖くなって逆戻りしてしまうこともある。

でもそれは、摂食障害じゃなくても、とくに女性ならよくある感情ですよね。

なので仕方ないよね、って思うことにしてる。

自分に厳しくしすぎた結果が今の私なんだしね。

とくに私は、太っているときに嫌な目にあった過去があるのでw

人は見た目じゃないと言うけれど…「デブだったときに受けた屈辱」

「デブだとバカにされる!」
っていう恐怖は今も抜けません!

痩せたくてやってきたダイエット

昔、過食嘔吐が治まっていたときも、ときどきダイエットしていました。

でもとくに、それが原因で過食嘔吐に逆戻りっていうことはありませんでした。

その理由はたぶん
「どれもあまり大きな効果がなかったから」

そのときは、摂食障害だった過去の自分の片鱗すらないほどに
「不完璧主義」
とでも言えばいいのでしょうか、かなりズボラな自分になっていて
「何をしてもあまり続かない、自分に甘すぎる人間」
に成り下がっていましたw

でもかえって、それが良かったのかもしれません。

 

でも、大きな効果はなくても、長い目でみたらそれでもちょっとずつ痩せれたんですよ。

たぶんそのときの私には、その程度のダイエットで、そのくらいのペースの痩せ方が合っていたんでしょう。

 

そのときにやっていたダイエット。

・りんごダイエット(3日間)
・チョコレートダイエット
・お昼ごはんはパン一個
・朝食はおかずしか食べない

だいたいこんな感じです。

 

りんごダイエットは昔流行った
「3日間りんごならいくつでも食べてよく、他のものは一切食べない」
っていうやつです。

いくつりんごを食べてよいと言われても、やっぱりすぐに腹が減ります。

それにりんごなんてそういくつも食べられるものじゃない。

すぐ飽きます。

3日経つ前に他のもの食べたい欲求が湧いてきますw

なので痩せることはできても、3日経つ前に食欲が爆発して食べちゃってました。

「終わったらすぐに普通食に戻さず、胃に優しいものを食べる」
なんて優雅なことは私にはできませんでした。

なのでりんごダイエットの結果は常に、3日でマイナス3キロ、プラス2キロ、結果マイナス1キロくらいでした。

それでも1キロ減ったので、その体重は維持しながらときどきダイエットを繰り返していたのです。

 

そんな感じで私は長いスパンでゆっくり痩せていきました。

摂食障害を治すためには、きちんと食べてダイエットはしない。

それは理解できますが、いちどかなり太ってしまってからでは
「普通に食べていればそのうち痩せられる」
というのはちょっと無理があるかなとも思います。
(普通にというのにも量の限度がやっぱりあるし)

やっぱりみんななにかしら、過食嘔吐に逆戻りしない程度に食べすぎは控えるようにしたり、ダイエットとか運動なんかはしてるんじゃないでしょうか。

「努力なくして美は手に入らない」
と思うので、普通の人のしてる程度の努力はするべきだと私は思います。

摂食障害を治すために好きなだけ食べていたら、誰でも太るだろうし、太ったあともそのままの食事を続けていたら確実にただのデブに終わるはずです。

そのへんは
「治したら自然に痩せた!」
というのを鵜呑みにしすぎないほうがいいです。

 

チョコレートダイエットというのは、これまた3日間
「一日に板チョコレート二枚しか食べない」
というダイエットでした。

私はチョコレートが好きなので、お腹はすくけどりんごよりは良かった。

確かにりんごよりも辛いです。

でもおいしいから、3日は辛くても2日は頑張れた。

そして2日過ぎると自分に甘くなって、ちょこちょこなにかしら食べてしまっていました。

でもそれでもやるたびに(リバウンドしつつ)1キロくらいは減っていたので、気が向いたときやっていました。

だって、りんごダイエットはやっていたら
「歯茎から血が出た」
んですもの。

栄養偏ってるのに固いもの食べたから歯茎から出血しちゃったんでしょうw

その点チョコレートなら溶けるから大丈夫!

ってことで、りんごはそれほど続かなくても、チョコレートはその当時、なにげに続いていたダイエットでした。

 

「お昼ごはんはパン一個」
「朝食はおかずだけしか食べない」
は効果なかったです。

効果ありそうだけど、私の場合は全然ダメでした。
(ちなみに、お昼ごはんのパンは菓子パン)

お腹がすくからどちらもやってるときは、それ以外の食事で爆発してしまっていました。

なので効果なかったんだと思います。

 

でもそんな感じでちょこちょこ、だましだましダイエットしているうちに標準体重までは痩せることができたので、今も摂食障害治りかけだけどときどきダイエットしてしまうのです。

そして今、ときどきやっているダイエット

そんなこんなで産後に始めたダイエットがコレです。

↓ ↓ ↓

はかりダイエットをちょっとだけやった結果
(私が前にやっていたブログに飛びます)

そんなに辛くないし、本当にちょっとだけ痩せれました。

けれどもやっぱりまだやると症状が出そうになります。

でも
「吐いたら負け」
だと思ってるので、それを回避するためにも食欲のまま食べて…

また太ります(笑)

でもそれでいいんです。

今度もやっぱり、本当にちょっとずつだけど痩せる兆しは見えてるから。

長いスパンで見て痩せられたらいいなぁくらいの感じです。

 

しかし!!

最近このダイエットをやっても、全然痩せずに終わってしまったんです。

なんどもおなじダイエットは、体が拒否るのかなぁ?

そう思って今はまた、新しい方法を模索中。

 

そんな感じで自分の体で人体実験するのは好きです。

なので楽しんでやってますw

そっちのほうが、たとえ痩せられなくても摂食障害が悪化するのは防げそうですよね!

 

これを読んでくれている人で、手軽で効果のあるダイエットがあったら是非教えていだだきたい。
(王道だとつまらないので、できれば目新しさのあるもので♪)

でも専業主婦なので、コストのかかるものは無理です。

そして、子供の残り物があるとつい食べてしまうという誘惑がありすぎるので
(うちの子は本当にごはんを食べてくれないことが多すぎるのです)
単品ダイエットも難しいです。

注文が多すぎますねw

だって、だからチョコレートもりんごもやろうと思えないんですもの。

 

あと、今は産後の生理が二年以上ぶりにやっときたので
(この記事にも書いたけど、本当にずっとなかった…)
↓ ↓ ↓
摂食障害、拒食症などで生理が止まることの弊害

生理前だけ豆乳を飲むダイエットっていうのをやっています。

これは痩せないけれど、今までは生理前に必ず+2キロは体重が増えていたのがあまり増えなくなりました。

生理前に体重が増えると、ヤケになって生理中に食べ過ぎてしまって、そのあと減らないこともあるんですよね~。

それを回避するのには役立っています。

体重気にするなって言われても、やっぱり増えていたら気になります。

そしてヤケになっちゃいますw

 

でもその後、生理が終わったあとの痩せ期にダイエットしても、なぜか痩せませんw

これはどうしたことなのか?

でもまだ生理も一回しか来てないので、次の生理後にまたなんかやってみようともくろんでいます。

ホント懲りないヤツだなと思うけど、これからも楽しんでゆる~く「ダイエット実験」していきます!!

いつか
「ナイスバディーな熟女」
になれたら!

 

でも熟女で
「ナイスバディー」
もどうなんでしょ?

とも思いますけどね…

コメント