わたしと摂食障害

わたしと摂食障害

とある仕事に就いたら体型へのこだわりが変化した話

摂食障害の症状が治まっても、摂食脳のままだとなかなか普通の体型が受け入れられないことがあります。私もそうでしたが、ある仕事に就いたら体型へのこだわりが変化しました。その仕事は「介護職」でした。
わたしと摂食障害

彼氏や旦那さんに摂食障害を告白するということ

彼氏や旦那さんがいる女性にとっては、異性のなかでいちばん信頼できて大切な存在だと思います。 そんな人には摂食障害のことは知られたくない?理解してもらいたい? 私は何度か話したことがありますが、いつも理想の答えが返ってきたわけではありませんでした。
わたしと摂食障害

摂食障害はいくつまで?ダイエット目的の過食嘔吐の最高齢

産後二年以上でやっと生理が再開した私ですが、今回の生理がやたら長引いているので気になってネットで検索してみたら、なにか病気の可能性もあるし、ホルモンの影響によるものの場合もあるらしい。 どっちなのかはわからないけれど、とりあえず年齢的には「更年期にまれにある症状」ということみたい。 「更年期」かぁ… でも41歳ってそんな年齢なんだよなぁ。 ちょっとショック… それで摂食障害の最高齢っていくつなんだろう? と気になって調べてみました。
わたしと摂食障害

摂食障害を家族に告知すること

私の両親は、摂食障害のことを知っています。 高校生のころ拒食症になったときは両親に病院に連れて行かれたくらいなので、最初に気づいたのは両親です。 でも、過食症と過食嘔吐のことはずいぶんと知りませんでした。 過食、ましてやそれを嘔吐しているなんてそれでなくても話しにくい話題なのに、うちの両親の性格だと理解してもらうのがかなり大変な気がしていたので、なかなか話せませんでした。
わたしと摂食障害

「摂食障害の娘」と「キテレツな父親」

昨日母のことを書いたから、父親のことを書いてみようと思う。 ちなみに、昨日は両親がうちに遊びに来ました。 網戸が外れてどうやってもはまらなかったので、父に修理してもらいました。 私のなかでの父の位置づけは、幼いころから何でも頼れるスーパーマンみたいな感じ。
わたしと摂食障害

摂食障害と母親の関係「私は母に優しくしてほしかった」

「お前はちょっと過保護に育てすぎた」 小さいころからうちの両親が私に対して口癖のように言ってきた言葉。 でも私は「過干渉の間違いでしょう」と言いたい。 確かに大切にしてもらっていたとは思うし、不自由ない生活もさせてもらっていた。
わたしと摂食障害

過食も過食嘔吐もしないで痩せを維持できていたとき(BMI18)

人によってそれは違うと思いますが、ベスト体重がある人は多いと思います。私もそんな理想の体重はあって、過食も過食嘔吐もせず摂食障害の症状がなく、非嘔吐でその体重を維持できていたときがありました。それはBMI18くらい。「モデル体重」「シンデレラ体重」と言われている数値。けれどもそのときは「過食嘔吐をしないで我慢していただけ」だったんです。
わたしと摂食障害

人は見た目じゃないと言うけれど…「デブだったときに受けた屈辱」

人は見た目じゃないとは言うけれど。痩せたときはちやほやされていたのに、太った途端に受けた屈辱。そんな過去があるからこそ、私の摂食障害は悪化したのです。ダイエットをして、摂食障害、拒食症・過食症になったときの体重推移。
わたしと摂食障害

男性にも増えている摂食障害!男の摂食障害とその理由

摂食障害になる原因。ダイエットがきっかけになる人は多いです。女性がほとんどですが、ときどき男性でもダイエットに励みすぎて摂食障害になってしまう人がいます。男性の場合は筋肉をつけて痩せたい人が多いのでしょうが、一部の男性で「ひょろっとして薄っぺらな体型」を理想とする男性がいるのです。
わたしと摂食障害

摂食障害を克服中の主婦のブログです、摂食障害歴と自己紹介します

摂食障害を治すという目標をもってブログを書き始めた主婦です。拒食症から過食症になって、過食嘔吐するようになりました。今はときどき過食して吐いてしまったり、太るのが怖くて普通食嘔吐してしまうことがあります。普通に食事できるようになりたいです。
スポンサーリンク