過食嘔吐による出血・吐血・吐瀉物に血が混じる 原因や対処法など

スポンサーリンク

過食嘔吐で吐しゃ物に血が混じる 出血・吐血

 

吐いていて吐しゃ物が真っ赤だったり、血が混じっていたことってありませんか?

一瞬ビビる。けれどもそれで過食嘔吐をやめるなんて、私にはできなかった。

 

そのときの気持ちは、焦りもありつつ。けれども

「あ~、やらかしちゃったかぁ…」

というどこかちょっと他人事のような気持ちでした。目の前で起こってしまった現実を、自分のことだと思いたくなかったのかもしれません。

そんなことが起こったら普通もう二度と吐かないと誓うのでしょうが、摂食障害はそんなことですんなりと治る病気ではないのです。

いつか大出血が起こるかもしれないと思いつつも私はやめられず、とりあえず病院に行ったりもしました。

そのときに言われたことや対処法など。

 

スポンサーリンク

過食嘔吐 吐いて出血、吐血した原因は?

最初に血を見たのは、あきらかに喉からの出血でした。吐いたあとしばらく喉が焼けるように痛かったから。

過食嘔吐で吐しゃ物にわずかな鮮血が混じる原因の多くはこれかなと思います。

 

これは吐くことが下手なときによく起こりました。

手吐き、指吐きで喉を傷つけたとき。

そして腹筋吐きでも、やりすぎて吐きにくくなったときにこうなりました。

無理やり手を突っ込んだり吐いたりすることで喉に傷ができたり、吐くことがスムーズにいかなくて無理やり出すために胃酸で喉が荒れてしまったためでしょう。

吐きにくくなったときは胃酸が喉に停滞して、喉のあたりの痛みがかなりヤバかったです。

そうなるとたぶん、食道のあたりまで胃酸で荒れてしまうのでしょう。

それなのに過食嘔吐はやめられず、喉の痛みがなくなってからもしばらくは吐しゃ物がピンク色だったり生臭かったりが続きました。

もうこうなったら喉じゃなく、食道あたりが慢性的に荒れて出血が続いていたのかもしれませんが、やめられないので仕方ありません。

とりあえずなんとかしなくちゃと、内科に行って泣きながら訴えました。

関連記事

腹筋吐きで簡単に吐ける方法をマスターして過食嘔吐を楽にする
簡単に吐ける方法を覚えると過食嘔吐は悪化します。でもやめられないなら楽な吐き方のほうがいいのです。楽じゃないと心も体もきつい。顔の浮腫みもハンパない。私が実践してきた腹筋吐きのコツ。腹筋吐きがうまくできないときに役立つヒントも。

 

ある内科医師に言われた過食嘔吐での出血・吐血の対処法

説明する医師

 

私はこれでそのときは憤慨しましたが、よく考えたら当たり前の返答だったのかなと今となっては思います。

 

「過食嘔吐がやめられません、吐いているときに出血します。どうしたらいいですか?」

それに対して医師は

「せめて吐いたあとに牛乳を飲んでおいてください」

私はびっくりしました。

え?! それだけ? そんな単純なこと?

「だって、やめろって言われてもやめられないんでしょ? じゃあ仕方ないでしょ」

そう言われました。

 

一応胃薬をもらって帰ってきましたが、胃薬を飲んで胃の粘膜を保護したところで、すぐに過食で大量に胃酸を出して胃を酷使してしまうのだし、嘔吐してしまうのだから仕方ないですよね。

あとで調べたところ、牛乳は本当に胃の粘膜を保護する効果はあるみたいなので、気休めで飲んでいました。

その後少しづつ過食嘔吐をやめようと努力して回数を減らしましたが、やっぱり今でもときどき吐くと、吐いたものが生臭かったりピンク色ぽかったりするのが気になります。

 

過食嘔吐で出血、吐血する原因

私のように喉が傷つくことによる喉からの出血の場合や、食道が荒れて血が混じることもありますが、いちばん恐ろしいのは胃や食道が嘔吐の刺激によって避けて出血するという「マロリーワイス症候群」というものです。

私は今のところ経験はありませんが、お酒を飲んで吐くことによりよく起こる病気らしいので、過食嘔吐を日常的にしている人は気を付けたほうがいいです。

いきなり大出血したら、すぐに病院で治療しないと最悪死に至る可能性もあるようです。

 

そして最近ネット上で見かけるのが「チューブ吐き」による出血。

チューブ吐きの胃カテーテルや自作のチューブなどは胃を傷つけないように面取りしてあるのですが、それでも胃やのどを傷つけてしまうことはあります。

胃じゃないのですが、尿道カテーテルが膀胱内で膀胱壁を貫通してしてしまった、という話を聞いたことがあります(実話です)

相当無理やりにやったらしいので通常なら貫通するほどのことはないのでしょうが、胃でも胃壁を傷つけるということはありえます。

関連記事

チューブ吐きで過食嘔吐 痩せる? 完吐きできる? スランプがない?
過食嘔吐で簡単に楽に吐きたい、完吐きしたい、吐けないスランプから抜け出したい!というときに知ったチューブ吐き。メリットデメリット、痩せる?太らない?購入先は?どこで買うの?チューブってどんなもの?太さは?など

 

長年過食嘔吐をしてきて胃カメラの検査をする機会があったとき

過食嘔吐も吐血も関係ないのですが、胃カメラの検査をする機会がありました。

長年の過食嘔吐で吐しゃ物に血が混じったりピンク色だったりということがあるので、絶対になにか異常が見つかると思い覚悟して臨みました。

 

結果は全く異状なしでした。

そのときの過食嘔吐の頻度は週一回くらいだったでしょうか。

検査の後に見せてもらった胃の画像もピンク色できれいで、炎症のようなものは見当たりませんでした。

ずいぶん昔、過食嘔吐をやめていた時期にお酒の飲みすぎで胃カメラの検査をしたときは、胃の粘膜に炎症が見つかって組織を採って検査をされたほどだったのに。

けれども人によっては過食嘔吐により胃や食道の病気になることはあり得ます。

そのときはよくても、ずっと生きていれば大切な人ができたり、生きたいと思うことがあると思うので、過食嘔吐による出血は甘く見ちゃいけないなとは思います。

 

過食嘔吐によって吐しゃ物に血が混じる、出血や吐血 まとめ

一度炎症を起こしたところを何度も刺激するということは、炎症を起こしやすくなって出血しやすくなるということはあり得ます。

それが悪化していずれ取り返しのつかない病気になるということもありますが、過食嘔吐なんてすぐに治せる病気でもありません。

それでやめられる人はすぐにやめたほうがいいですが、無理な場合は負担のかからないものを食べて吐いたり、吐きやすいものを選んだほうがいいと思います。

そして症状が落ち着くまではどうか、極力ご自愛ください。

 

コメント