摂食障害・過食嘔吐を治したい!治る兆しが見えてきた?!

スポンサーリンク

眠る猫

健康的な食事を心がけているわけでもなく、規則正しい生活を心がけているわけでもなく、ぐだぐだだらだら生きてるだけのオバサンにしか見えませんが、一応摂食障害を治そうと気持ちの上では努力しているつもりのこうへいたの母(@kouheitanohaha)です。

 

私のしている努力、それは…

☆☆過度の量の食事、過食は極力しない!☆☆
↓ ↓ ↓
過食=食べるために自発的にたくさん食べ物を用意してそれだけに集中する、という最初は実に心躍るが食べだして数分するととても後悔する、けれども止まらない、そんな行為。

けれども食べたいものがあれば、我慢しないで食べる。

食べても罪悪感を持たないという意識を持って!

 

☆☆食べた後の帳消し行為も極力しない!☆☆
↓ ↓ ↓
帳消し行為=吐くこと、下剤乱用、次の食事を我慢すること。

でももともとが便秘症なので、ときどき下剤を飲むことは許す。

万が一ちょっと吐いてしまってもそんなに気にしないで次頑張ろうとまた努力する。

 

それだけを守って、それ以外はとくに何もしないで生活してきました。

私のなかではそれだけを守るだけでもかなりの葛藤はあったし、今でも食べること吐かないことに関しては常に気を張っていないと爆発してしまいそうな感じはあります。

スポンサーリンク

摂食障害は治らない?

それ、誰が言ったの?

「摂食障害は治らない」

なんかね~、これどこかで昔聞いたような読んだような…

どこぞの誰が言い出したことなのかわからないけれど、この言葉がひとり歩きしてるような気がします。

治らないって、不治の病みたいに言うな~!!

医者がどう足掻いても治せないような末期の体の病気じゃないんだから、ちゃんと治ると私は思います。

医者なんていなくても人によっては治るわ、たぶん。

だって自分自身の心のなかの問題だもの。

お腹が痛かったり気持ち悪くて食べものを受け付けないとか、とんでもなく太りすぎても食べることが一日中ずっと止まらないとか、そういうのならもしかして体の中の病気が関係しているのかもしれないけれど、そうじゃなければ気持ちの問題を解決していけばいつかきちんと治ります。

そう「いつか」です。

摂食障害が治るきっかけ

ジャンプする女性

これはひとそれぞれ、だと私は思う。

なにかをきっかけにして知らないうちに治っちゃう人もいれば(これすごく羨ましいですね)誰か理解者が見つかって寄り添ってくれることで治る人もいる(これも理想)

でも私の場合は

「誰も理解してくれなくて、もうひとりで頑張るしかないと覚悟を決めたときに治った」

たぶんこれだと思う。

 

ずいぶん前に症状が全くなくなって数年過ごせていたときも、理解者なんていなかった。

話すと笑い飛ばすような人はたくさんいたけれど。

私の場合、悩んでいても深刻に見られないような「キャラ」なんだろうな、悲しいことにw

それでどうしても治したくて、吐くことを一切やめた。

一人暮らししてて自由に過食嘔吐できる環境から、実家に連れ戻されて自由を奪われたというのも、私にとってはよかったんだと思う。

過食嘔吐したいけれど、こそこそやるのが面倒くさくなったの。

それにお金も全然なかったし、実家に連れ戻されたというくらいだからうちにこもってやる過食嘔吐という行為は、そんな私には向いてなかった。

だから外に楽しいことを求めた!(これたぶん需要)

楽しいことを求めすぎてちょっと度が過ぎてしまったけれど…w

けれどもそうしたら、過食欲求がちょっとずつなくなっていって、普通の食欲が戻ってきた。

そして、痩せたりはしなかったけれどそれまで過食で太りすぎていた体型が普通体重まで数年かけて自然に戻るという現象が起きました。

関連記事摂食障害を治すための体重増加。治ったら痩せるは本当?

普通体重とは→現実を見よ!普通体重と言われるBMI20前後の体型を晒しちゃうよ!

 

そして今、また過食嘔吐を治したくて頑張っているけれど、誰も理解なんてしてくれてない。

でも「放置」なの。

心配もしないかわりに、くどくども言われないしバカにもされない。

それが私にはたぶんきっと合ってる。

人にいろいろ言われても、自分がやる気が起きないと何事もやらない性格だからね。

かまってちゃんだからこそ、甘えさせてもらえない環境が逆にいいみたい。

甘えちゃうと「もっとかまって!」で治せなかったもん(厄介な女だな…)

関連記事彼氏や旦那さんに摂食障害を告白するということ

摂食障害が治るまでの期間

 

これも人によってすぐだったり長くかかったりまわり道しちゃったりするんだろうけれど、ちゃんと治る。

私の場合は年単位で治ったし、今も二年くらい経ってやっと治る兆しが見えてきた?そう思えることがときどき起こるようになってきた。

治らないって思ってる人は、焦りすぎなんだと私は思う。

関連記事拒食の反動でどこまで太るの?ものすごく太ってしまう人

「治る兆しが見えた」という現象

ピンクの雫

それは昨日の出来事。

それが書きたくてこの記事書いてるんです!

 

昨日はお昼ちょっと食べすぎたんです。

いつもなら食べすぎて吐かずに我慢しても、食べたい欲求は強くてなくならなかったから、夕飯の時間になればお腹空いてなくてもちゃんと一食平らげていた。

それなのに昨日は、食べていたら

「なんかもういいかな」

っていう気持ちになって、ちょっと残しました。

こんなこと普通の人なら当たり前のことなんだろうけど、私にはできなかった。

それも何年も!!

 

人前でなら「なんか食べ過ぎちゃったから食べれないや」なんていうことは出来たけれど、本心じゃなかった。

人目を気にしてやっていた行為だった。

それが、ひとりでいるときに自然に出来てしまったのです。

とても嬉しかった。

「なんか私、ちょっと普通になってきたんじゃないの~?」

 

ちょっとのことだけど、こういう一歩がとても自信に繋がると思うので、いい兆しっていうやつですよね!

これからもまだまだきっと、食にたいして躓くことはたくさんあるだろうけれど、頑張れるときは頑張って、ゆっくりでいいから普通の食欲に戻れる日がくるといいな。

コメント