過食症で太ったことを受け入れられなくて後悔していること

スポンサーリンク

太ったことを受け入れられなくて後悔していること

 

過食症になって人生最大に太ってしまったとき「太った自分を受け入れる」ということが私にはできませんでした。

高校時代に拒食症で37キロになり、そのあと過食が始まって50キロくらいに戻ったまま卒業。一人暮らしになってMAX63キロに。

太ってしまったことで嫌な思いをたくさんしたし、いろいろなことから逃げました。

太りたくないし、太った姿を知り合いに見られるのは嫌だった。

太った自分なんて受け入れられなかった。

けれどもあのとき、太ったことを受け入れられなかったことで後悔していることもあります。

 

スポンサーリンク

太るのが怖くて過食嘔吐

いちばん後悔していることです。

あのときは今ほど摂食障害というものの知識がなくて、でも食べたら吐けば太らないという知識だけはあって。

ときどき過食するのがやめられなくて、さらに太っていくのが怖くて、吐くことを始めました。

吐いたらそのあとどうなるのかとか、全然わからずに吐いていました。

拒食の反動の過食なんかよりも、もっと激しい過食衝動に苦しみました。

 

あのとき太っても吐くことをしていなかったら。

もっと摂食障害の症状が軽く済んでいて、違う人生が歩めていたかもしれないのに…って考えると切なくなります。

 

太った自分を知り合いに見られるのが怖くて実家に帰れない

太ってしまったときは家族に会うのですら嫌でした。

痩せていたころを知っている同級生に会うのなんて考えられない。

だから実家になんて怖くて帰れなかった。

両親は心配して一人暮らししている私のところへときどき会いに来ていたので、太ってしまった私を知っていましたが、会いに来られるのすら迷惑でした。

そんな私がとても申し訳ないと思っていることです。

人として最低だろうとも思っています。

 

太った姿を見られたくなくて愛犬の死に目に会えなかった

ずっとかわいがってる犬がいました。

拒食症で人を避けるようになった一人ぼっちの私の、唯一の友達のような存在でした。

それなのに。

実家を離れて一人暮らしを始め太ってしまったとき、彼の訃報を受けた私は、太った姿を知り合いに見られるのが怖くて実家に帰れませんでした。

父が迎えに行くからと何度も電話してきたのに「仕事が休めない」と言いながら、引きこもって食べ吐きしていました。

太った姿を見られたくないということと、過食嘔吐したい欲を優先してしまったのでした。

 

太った姿を親戚に見られたくなくておじいちゃんのお葬式に行けなかった

もう最低すぎます。

ずっとかわいがってくれていたおじいちゃんのお葬式も、太った姿を親戚に見られてなにか言われるのが怖くて行けませんでした。

拒食症で痩せた姿を知っている親戚は、太ってしまったらそれに関して何か言ったのでしょうか。

避けていたからわかりませんが、MAXまで太った姿じゃなくても高校時代途中から太り始めた私に対して一部の同級生たちは、まったくデリカシーもなく

「太ったねー」

と言ってきたので、それが怖くて誰にも会いたくありませんでした。

 

拒食症で心配されていたような人に対しても、太ったらそれを指摘できる人の神経がわかりません。

拒食症という病気になるくらい、病むほどに太ることを拒否していた人に対して、そのひとことは酷すぎるということになぜ気づけないのでしょうか。

私なら絶対に言えないし、その人のまわりの人間にも口止めするかもしれません。

関連記事

太った?と言われる前に太ったのと言いたい!女心?摂食障害?
痩せたい理由に 「太ったことを知りあいに指摘されるのが怖い」 っていうの、ありませんか? 実は私が産後太りして痩せたい一番の理由がそれなんです。 くだらないことで悩んでるなあ、小心者だなあって思うけど、言われたら絶対凹みます。 ...

 

いちばんキレイで楽しくいられるはずの時期に摂食障害は辛かった

摂食障害になるのは、ほとんどの人がそういう時期なのかもしれませんが。

高校時代から20代にかけてなんて、女の子としていちばんキラキラして楽しい時期だったはずなのに。

 

太った姿で成人式に出られない

成人式なんて同級生にしか会わない行事すぎて、太った私は行けるはずもなく。

親が勝手に着物購入していて美容院まで予約、無理やり実家に連れて行かれた。

本当に写真だけ撮ったらすぐに帰ったけれど、太ったうえに派手な化粧を施された姿は羞恥プレイでしかなく。

その写真をわざわざ送り付けてきた両親をそのときは憎み、写真は破り捨てましたが。

子を持つ今となっては親の気持ちもわからないわけではなく。

無事に成人してくれたら嬉しいよね。着物着せて写真も撮りたいよね。

太って成人式に出ずに、写真すら拒んでごめん。写真捨てちゃって本当にごめん、って思います。

親は今もそのときの写真は持ってるみたいですが、一生観たくないし一生誰かに晒してほしくないとは思います。

 

太っていても一人は寂しくて自分を大切にできなかった過去

まあはっきり言えばビッチだった。

太っていても寂しがりやだったし、一時期本当に男性依存でした。

はっきり「デブ」と言ってくるような失礼な男子ですらも、一緒にいてくれるならいいという感じで、情けないなと思いつつも離れられなかった。

おかしな男性遍歴も結構あり、男性不振にもなった。

今となっては本当に自分大切にしてなくて投げやりすぎた。

デブ時代過ぎたらそんなことなくなったので、太ることは今でも怖い。

変な病気にもならずに結婚出来て子供にも恵まれて、運が良かったと思います…

関連記事

摂食障害の自己評価の低さが元になる弊害。DV男には気をつけて!
「あんないい人がそんなことをするなんて、あなたにも原因があるんでしょう」 そんなふうに言われました。 私がDV(ドメスティックバイオレンス)の被害に遭って悩んで人に相談したとき。 摂食障害になったことのない人でも、彼氏や夫から暴力...
アルコール依存と摂食障害。アルコールは神で悪
私はのん兵衛です。 けれども今は育児中、授乳中であるので、お酒は飲んでいません。 お酒の力を借りると人と関わることが楽になるので、私はお酒が好きです。 けれどもお酒によって、人生をめちゃくちゃにしてしまおうという気持ちにもなるので...

 

摂食障害になってよかったと思ったことなんてぶっちゃけない

本当は

摂食障害になって自分を見つめなおすことができたからよかった

とか摂食障害に感謝しないといけないのかもしれないけれど。

女の子として楽しかったはずの時期に楽しくなかったし、痩せたり太ったり生理が止まっていた時期が長かったりしたから、将来的な体の心配もあるし。

友達も失ったし、痩せに対するこだわりも強いし、太ったことで屈辱的な目にもいっぱいあったし、いまだに同級生と会うのは怖いし。

後悔してることのほうが多すぎて、摂食障害でよかったとは全然思えません。

人として成長できてないのかな。

でもやっぱり思えません。

 

コメント