食べろ食べろと言う母親がうるさい!でも母なんて、所詮女だからね

スポンサーリンク

私と息子2歳

私は今41歳のババアです。

高齢出産で39歳のときにひとり息子を産んで、現在バリバリ育児中。

よく考えたら今摂食障害で悩んでいる女の子たちの母親であってもおかしくない歳じゃん!って最近やっと気づいた。

(Twitter(@kouheitanohaha)で絡んでくれる若い女の子たち、だからありがとう!)

けれども私もいい歳してまだ摂食障害の渦中にいる。

完治はしていないけれど食行動を普通に戻そうとしてはいて、過食嘔吐に悩んでいたけれど今のところ数ヶ月ほぼ無過食非嘔吐でいられてる。

そんな私だって、若いときがあったよ。

摂食障害・拒食症になって、家族に心配されて迷惑かけて、家族がバラバラになって、今風に言うと人生「詰んで」きたと思う。

このブログにも経験談書いてるけど、すべてを語ってしまうには酷すぎるので一部しか書いてない(本当はもうちょい?酷いw)

そんな一部の経験談
人は見た目じゃないと言うけれど…「デブだったときに受けた屈辱」

摂食障害のせいで家族が崩壊しかけた話

アルコール依存と摂食障害。アルコールは神で悪

摂食障害、拒食症、過食嘔吐、アルコール依存に安定剤。希死念慮ばかりの日々

依存症専門の病院に入院したときのこと

摂食障害とアダルトチルドレン。子供は欲しくない!と思っていた過去

スポンサーリンク

食べろ食べろと言う母親がうるさい!

うるさがる外国人の少女

前置きが長くなりましたが…(これもババアゆえなのかもしれぬ、ごめんなさい)

「食べろ食べろ」という母親、うるさいですよね。

ほっといてよ!って思いますよね。

私も拒食症だったときにはめちゃくちゃ思いました。

その時代にそんな言葉はなかったけれど

「チョーウザイ!」

まさにそんな感じでした。

 

でも今私に年頃の娘がいて、ごはんを食べてくれなくて痩せていっちゃったら、そう言わないという自信はない。

自分の娘じゃなければそんなに言わないよ。

痩せてる女の子好きだし、自分だって痩せたいし、できることなら食欲なんてなくなって欲しいくらいだもの。

痩せにこだわる気持ちもわかるし、痩せた体を美しいとも思う。

関連記事痩せ姫として生きるという選択肢。私が尊敬した生き方と将来のこと

 

でも自分の子供だったら違うんだよね。

太って欲しいから言ってるんじゃなくて「食べてくれないと心配」っていう気持ちがなくなってないんじゃないかなって思う。

要はたぶん、自分のために言ってるのもあると思う。

子供を心配して言ってることは確かなんだけど、結局は自分のためなの。

それに気づいてなくて言ってる母親がほとんどなんだろうけど。

子育てしてみてわかった、子供の命の儚さ

赤ちゃんのときの息子

子供ってホント、生まれたときって儚いの。

すぐ死んじゃうんじゃないかって心配で心配で。

母は頻回授乳による寝不足にも関わらず、眠れませんでしたよ。

ババアなんだから寝ないと顔がすごいことになるのに、というわけで現在とても酷い顔です…

 

子供寝てると心配でついスマホ見て「おっぱい、飲まない」「母乳、足りてる?」「新生児、体重、増えない」「ミルク、作り方」とか。

ついでに「乳首、痛い」「乳首、(死ぬほど)痛い、いつまで?」まで調べてた(←ホント痛いの!)

体重と母乳量計る機会があればほんの10グラムの増減に一喜一憂して。

 

離乳食始まれば、ひとくち食べてくれれば天に舞い上がるほど嬉しくて、食べない日が続くと一気に地に落とされる。

自分が悪いんじゃないかって責めるし、よそのお母さんたちはもっとちゃんと出来てるんじゃないかって劣等感感じてどんどん孤独になってゆくし、なにか障害があるんじゃないかって心配で泣く。

子供が食べないって、母親からしたらそのくらい重大なこと。

自分の沽券にも関わるし、でも本当は可愛くて可愛くて仕方ないからこその心配なの。

 

数ヶ月経って考えるとちょっと笑っちゃうんだ。

なんであのときあんなキョドってたんだろうって。

そのくらい子供に左右されて、おかしな行動ばかり取っちゃう。

大人なのに変なのって思う。

でもそんなもんなんだよ、母親なんて。

親のエゴだって言われてしまえばそれまでだと思う。

でもそんな風なの。

堂々となんてしていられない、ただの女なの。

母親なりたてなんて。

子供が食べないということ

嘆く女性

「身を切られる思い」ってしたことある?

 

大好きな彼にフラれると辛いよね。

そんなときには身を切られる思いだと思ったかもしれない。

けれども本当の身を切られる思いってたぶん違うよ。

自分じゃなく「自分の分身を失う」という辛さこそが身を切られるっていうんだと思う。

だから他人とは違う。

自分自身とも違う。

でも自分の細胞を持った「子」なんだ。

私は今、自分の体にメスが入ることよりも、たぶん息子の体にメスが入るほうが辛い。

それが身を切られる思いなんだと思う。

自分が替わってあげられないから余計に辛い。

そんな気持ち。

わかるかなぁ?

 

子供がやせ細っていっちゃったら、母乳が足りてないのかもと心配になったあのころと同じように心配なんだ。

それが病気によるものでも、ダイエットによる拒食によるものでも、心配なのには変わりないんだ。

自分が辛いんだよ、お母さんは。

そしてそれは、赤ちゃんのころに心配したときと同じくらい、怖くて身を切られる思いなんだ。

娘が死んでしまったら、明日自分の目の前から消えなくなってしまったらどうしよう。

それが怖くて怖くてたまらないんだ。

 

違うのかなぁ、違うのかなぁ?

私も絶対とは言い切れないけれど、たぶんそうだと思うし、間違ってもいないと思うんだよね。

だから食べろ食べろって言っちゃうのもあるんだと思う。

お母さんなんて所詮女でしかない

笑顔の赤ちゃんとママ

母は強しっていうけれど。

本当はお母さんだってただの女だし、弱い部分なんていっぱいある。

子供が産まれるまでは男の人に甘えていられた、ただの女だったんだし。

拒食症の娘を前にして、めっちゃオドオドしてるんだと思う。

「食べろ食べろ」

としつこく言いつつも。

本当は娘が死んじゃったらどうしようって。

赤ちゃんのころおっぱいあげてたときとおなじ気持ちのままなんだよ、母親なんてずっと。

 

私が拒食症になっていちばん最初に母親にそれを言われたのが、生理が止まったのを気づかれたときだった。

生理がなくても、子供産まなくても幸せでいられる女性はいるだろうけど、自分の子供の未来に少しでも辛くなる材料があるとしたら自分が助けてあげなくてはって、絶対思うよね。

生理がなくなったことですら「身を切られる思い」だったんだろうね、たぶん。

生理に関する記事

拒食症で痩せて生理が止まったときのこと、妊娠のこと

摂食障害、拒食症などで生理が止まることの弊害

 

私は今でも母親に「もっと食べなよ」って言われるとウザイなぁってぶっちゃけ思うけれど、でもお母さん可愛いってちょっと思う。

自分がお母さんになったからこそだと思うけれど、そう思う。

同じ女なんだよね。

だから自分と同じくらい弱いの。

お母さんも自分の分身なの。

父親も同じ血をわけた人間だけど、母親とはなんか違う。

血の濃さじゃなくて、存在の濃さが違うの。

だから分身。

この世で自分の産んだ子以外の、唯一無二の自分の分身が母親なんだと思う。

だからウザイなぁって思っても、目の前にいるときだけは安心させてあげてほしい。

 

摂食障害なんて食え食え言われても治るもんじゃない。

自分の気持ちがそうなるまでは食べられなかったり食べて吐くのがやめられなかったりするはずだから、本当は食べろって言われても食べたくなんかないと思う。

ひとくちのジュースでさえも、カロリーあるものは体内に入れたくないと思うのもわかる。

でも一瞬だけでもいい。

ちょっとでも口にしてあげて。

元気なフリしてあげて。

あとでこっそり吐いちゃっても仕方ないから。

怖いんだよ、あなたが消えてなくなっちゃうのが。

自分がいなくなることなんかよりも何倍も怖いの。

だから、お母さんも子供みたいなもんなんだなって思っていいから、安心させてあげてほしいのです。

 

実際自分が大人になったけれど、私全然子供の頃と変わってないなって思う。

大きくなって老けただけ。

そう感じるときがみんなくる。

成長して考え方も変わったけれど、本質は全然変わらないから。

少女のときのまま。

だからウザくても、自分もいつかそうなるの。

 

おせっかいババアのひとりごとみたいな言い分だけど、たぶんババアになればわかると思います。

安心させておけばいいの、母親なんて。

治すのは自分だし、治さないという選択肢を選ぶのも自分。

そう私は思います。

 

関連記事

摂食障害の子供に対する親の接し方

 

追記:子供だって母親に無理矢理食べさせるよ~!うちの子「母ちゃんどーじょ」って口にいっぱい入れてくるしw

コメント